国際フラワーエッセンスコンファレンスご出演のみなさま

  • プロデューサー・スピーカーご紹介
  • チケットのご案内
お問い合わせ

Ann Callaghan
アン・キャラハン
インディゴエッセンス

プロフィール

アン・キャラハン氏は、常に、子どもたちと関わりのある仕事に携わっています。
ホメオパシーの学校を卒業後は、子どものケアを専門としていました。

後に、彼女は、ホメオパシーを教える側にまわり、アイリッシュ・スクール・オブ・ホメオパシーの理事も務めました。
また、アイリッシュ・ソサエティ・オブ・ホメオパスの創立メンバーでもあります。彼女はインディゴ・チルドレンの専門家として知られており、リー・キャロル著『インディゴ・チルドレン~10年後の彼らは今~』の中で執筆している著者のひとりでもあります。

彼女のエッセンス・シリーズ“インディゴエッセンス”は、子どもとその両親が、新しい意識レベルへと移行していくことを助けるために作られています。

メッセージ

私たちは今、この世界を根底からくつがえす可能性を秘めた大きな意識のシフトの真っただ中にあり、最もわくわくする時代を生きています。意識のシフトとそれに関わる全て、そして社会、健康、教育のための新しいモデルを考察していくことが私の情熱です。非常に困難であったとしても、この変化の時代に生きられていて、私たちはとても幸運です。

エッセンスはこの時代のための完璧な癒しのツールです。この驚きに満ちた意向を穏やかに進めていくエッセンスを用いていく方法を、一緒に考えていきたいと思っています。

スピーチテーマ

『人類の進化 ~恐れから愛への旅』

人類は現在、古い恐れに基づいた分離のパラダイムから、調和と愛に基づいた完全に新しい在り方へと、意識レベルでの大きなグレードアップを経験しています。 この進化のグレードアップは、新しいパラダイムとすでに深くつながっていて、古いエネルギーの中では心地よく生きていくことが出来ない子ども達の誕生によって促されています。この進化のアップグレードは十分理解されていないので、家族間や学校内において緊張が高まる原因となっています。

今回のスピーチでは、2つのパラダイムを考察し、その2つの意識レベル間にある困難にスポットライトを当てていきます。大変ではありますが素晴らしいこの移り変わりの時に、家族や社会を助けることの出来る貴重なツールとして、フラワーエッセンスを用いることを含めた、困難を克服する方法を見ていきます。

スピーチ日時
5月4日(日)14:40~15:50  大ホール
ワークショップテーマ

『子ども、家族、社会、エッセンスを使った新しい癒しのあり方』

このワークショップでは、EQ(心の知能指数)の発達を促すための、家族で一緒にエッセンスを摂るメソッドについてより深く説明し、それについて話し合っていきます。インディゴエッセンスは、このワークを行うのに最も優れたツールです。

家族は社会の土台です。健康な家族が健康な地域を作り、健康な社会へと広がっていきます。身体を癒すセラピストはたくさんいますが、知力を重んじるあまり、感情面の癒しは置き去りになっています。そして、このアンバランスが、世界中の痛みと苦しみをもたらしています。しかし、それももう終わりです。私たちが、IQ(知能指数)とは対照的なEQ(心の知能指数)を発達させる方法を学ばなくては、今生まれてきている子ども達は、健全に成長することは出来ません。

エッセンスは、私たちがこの務めを果たすことを助けてくれる、素晴らしいツールとなるでしょう。 スピーチの中では、家族で一緒にエッセンスを摂るメソッドを説明します。このメソッドは、家族全員が自分自身の行動に責任を持ち、全体とのバランスと調和のために、一緒にエッセンスを摂っていきます。

ワークショップ日時
5月6日(火)9:00~11:00  302‑303教室

日本における正規輸入代理店
ネイチャーワールド(株)

2014年5月2日(金)から6日(火・祝)会場:多摩永山情報教育センター オープニングセレモニー:5月2日 14時開演